アフロさんとポケモン

おっさんがポケモンに初挑戦するハートフルドキュメンタリー。

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.09

ポケモン日記 8日目

新年明けましておめでとうございます。
昨年中はお世話になりました。今年もどうぞ、宜しくお願い致します。

てなわけで今年も変わらず、ポケモン、アフロだぜ!?


※新年早々ネタバレな予感!元旦の夜はカレーを食え!



ネタバレでもカレー食っちゃうあなたは


そんなアレで、今年もアフロさんは冒険に出かけます。

ヨスガシティに辿り着いたアフロさん。
街に入っていこうとすると、どこからともなくミロロルが飛び出してきました。
「誰か捕まえてー」的な声が聞こえたので捕まえてみると、
後からミイさんという女性が追いかけてきました。

そんなミイさん、アフロさんの咄嗟の行為にホレてしまったようで
「お礼がしたいので後でコンテスト会場へきてください(はあと)」
なんて大胆な発言をしてきました。
なんでしょう「ミイの身体をコンテストで審査して(照)」ってことでしょうか!?
そんなありがたい御好意を無駄にする訳にはいきません、今すぐ行きましょう。
さあ! さあ!
ひとり興奮するアフロさんを余所にミイさんはミロロルを連れて
コンテスト会場に帰っていきました。
もう、恥ずかしがらなくてもいいのに、ミイさん、でへへ。

というアレで街を散策。
ヨスガシティはシンオウ地方の住みたい街NO.1らしく
ベビーカーを押している人がいたり、街中がバリアフリーになっていたり。
中にはコンテスト会場を教えてくれる親切なお兄さんもいました。
このお兄さん、この街に初めて来たときに同じように街の人から
コンテスト会場の場所を教えてもらったのだそうです。
なんだか素敵な話ですね。

とりあえずそんな素敵お兄さんに会場を教えてもらったのですが
場所がわかったのですぐには入らず、もうちょっと街を散策します。
ミイちゃん、ちょっと待っててね(はあと)

ミスターグッズと名乗るオッサンに話かけると
「本当の名前は知らない・・・ワタシも知らない・・・」
とか怪しい事を言ってきました。
これはキャッチセールスです、たぶん。
めずらしいポケモンをつれて来いとのことですが
めちゃめちゃ怪しいのでシカトしておきましょう。

北のほうにはふれあい広場という、ポケモンと散歩できる広場がありました。
さっそくコイキング様と一緒に散歩でも、と思ったら、
ワタシの連れているポケモンでは散歩できないとか言われました。
さ、差別だ!(泣)面倒臭がらずに全ポケ出来るようにしてよ!

悲しみにくれつつ、ポケモン大好きクラブという建物へ。
ポケモンはポフィンが好きで、あげるとかっこよくなったり
かわいくなったりするみたいです。ついでにポフィンケースをアフロ!

で、さっそくポフィン作りに挑戦です。
テキトーに木の実を入れてグルグル回していると
からいポフィンLV20ができました。
ちょうどコイキング様が辛いものが好きだったのでコイキング様にあげると
ピョンピョンはねて食べてくれました!かわいい!
ちょっとかっこよさが上がったみたいです。

場所は忘れましたが、ポケモンが懐いてるかどうかみてくれる人もいました。
どうやらペッチャラ以外はしっかり懐いてくれているようです。
なんか、こういうのって嬉しいですね~。うんうん。

そして一行はアパートへ。お姉さんに貝殻の鈴をもらいました。
お土産で2個もらったから1個いらないのだそうです。
なんか、あれですね、同じものを貢がせて売っているキャバ嬢みたいです。

ここのアパートの人にも言われましたが、ポケモンって何種類いるんでしょう?
確か初代のポケモンが出てた時150匹だとか言われてましたが
今回もそれぐらいなんでしょうか。てか互換性あるんですよね?
全部あわせたらものすごい数になってそうですね。


さてさて、いよいよコンテスト会場へ行ってみることに。
会場前に誰かいます。
話しかけると、確か留守だといわれてたジムリーダーのメリッサさんでした。
もっと強くならないと戦ってくれないらしいです。
どれくらい強くなればいいのかわかりませんが、今は先に進みましょう。

コンテスト会場に入ると、そこにはミイさんと母上が!
ミ、ミイさん、もう母上に挨拶ですか?ちょっと気が早いですね。
ほら、アッチのほうの相性とかもちゃんと調べてからじゃないと・・・
などと思っていると、全然違ったようで、
母上はなんと、ポケモンコーディネーターだったようです。
てか母上の名前、アヤコさんだったんですね。

ミイさんはお礼に、といってキラキラパウダーなるアクセサリーをくれました。
そしてまたサクっといなくなりました。
母上はコンテストに出るなら、とタキシードをくれました。
なるほど、ドレスアップして出るのか。
最初は練習してから挑戦するといいとアドバイスして
久しく息子との再会を果たした母上も、サクっといなくなりました。

てか、母上、どうやってここまできたんでしょうか。
自転車に乗ってる気配もないし、途中、山とか森とか、色々あったのに。

ま、RPGのお約束にツッコんでもしかたないので、
一度練習して、スーパーコンテスト ノーマルランク かっこよさ部門に挑戦。
もちろん出るのはコイキング様。
コイキング様のかっこよさがどこまで通用するでしょうか?

まずはビジュアル部門。
テキトーにわたげとか付けてたらものすごい反応が!
そりゃそうです、こちとらTVで特集されるほどの赤いギャラドス。
ビジュアル部門はいただきです!

次はダンス!
アフロさん、音ゲーとかめちゃめちゃ苦手なんですが
ちょこちょこ間違えつつ無難にできました。
自分の番では微妙に気持ちいい位置からずらすと
CPUは間違えてくれるみたいですね。ふむふむ。

最後は技部門。
CPUが微妙にコンボっぽいのを失敗してました。
コイキング様は無難な技しかなく、単調にこなしていきます。
ちょうどエキサイトで爆発し、結構いい成績でした。

そして結果発表――

デデン!  コイキング様、ダントツで優勝!!!

わーい わーい
クールリボンをアフロ、コイキング様につけてあげました。
ついでに「まっかなかみどめ」もアフロ。

なかなか楽しかったです。
またやりにこよーっと。


コンテストも無事に終え、先に進もうとするとまたまたシンタロウが出てきました。
最強のトレーナーを目指し、高みを望むシンタロウ。

が、あっさり勝ってしまいました。
もちろんコイキング様は軽快にはねていらっしゃいました。

今度はトバリシティのジムに挑戦しにいくらしいです。
なかなか忙しい男です、シンタロウ。がんばれ!


とりあえずポケモンセンターで回復した後、東に進むと、
ズイタウンで見つかったタマゴをくれる、というオッサンが。
手持ちが多かったので、泣く泣くコンタを預けてたまごアフロ。
コンタのテレポートは役に立つのになあ・・・。

そんなこんなで目指すは秘伝マシンが貰えるらしいロストタワー!
の前に、セーブ。



現在の状態


であったポケモン55匹
捕まえたポケモン26匹

・ヒノマル  Lv35(モウカザル)
・コイキング Lv34(色違いギャラドス)
・パーこ   Lv30(ビーダイル)
・ピーポくん Lv33(レントラー)
・ペッチャラ Lv27(ペラップ)
・たまご   まだまだ時間がかかりそう

スポンサーサイト

COMMENT

→ Comment No.14

早速コメントですw
まずはお礼をwリンクありがとうございま~すw(≧▽≦)ゞ
2007.01.09-18:27 + himeko + URL + *edit

→ Comment No.15

himekoさん:
いえいえこちらこそ、
これからどうぞ、宜しく御願いします~
2007.01.10-14:46 + アフロさん + URL + *edit

COMMENT FORM

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。